2021年07月23日

圧倒されました!平成6年入門組顔見世公演

久しぶりに生の落語会に参加してきました。彩都くらしの杜の企画女子宮本京子です。

今年になって2回の非常事態宣言下でなかなか行けなかった生の落語会でしたが、木楽亭でもお世話になっている林家菊丸さんや桂吉弥さんなど、平成6年入門組のメンバーが揃う貴重な会が開催されました。

以前も、染弥さんから菊丸さんに襲名される時、2年前に急死された同期の三金さんの追悼の会など、時折同期の会に参加していたので、今回も楽しみにしておりました。

非常事態宣言があけたとは言え、コロナ禍ということで座席は半分、感染対策が徹底的に施されている繁昌亭。
販売当日に完売となったためオンライン配信もあったのですが、結構配信忘れてのぶっちゃけトークにこちらがドキドキ。
そして廃業された同期の方への文鹿さんの声を詰まらせてまで話された思い出話にジーン。
古典噺あり、オリジナル作品あり。そして随所に挟まれる小ネタが結構ツボであったり、、、と芸歴27年のプロの話芸に圧倒されるとともに元気をいただきました!


右端の3月入門の米紫さんから順に並んでします。三金さんの名前も並ぶという、同期の結束力が伝わりますね。


出番は最初にくじ引きで決まりました。お互いに何を演じられるのか、駆け引きもあったりでこちらも緊張します。


いつもは終了時には演者の皆さんによる「お見送り」があるのですが、状況的に難しいのでと、はじめにマスクを取られての撮影会タイム。
1階の左中右、2階とサービス一杯の皆さんです!

さあ、8月の彩都木楽亭は桂吉弥さんの会です。
こちらも安全・安心な対策を施し、開催に向けて準備したいと思います!