2019年06月03日

3か月に一度の落語会、素晴らしい話芸に圧倒されました!

2/9の二人会が終わってから4か月近くあったのですが、3月には箕面のメイプルホールでの「ごにんばやしの落語会」、4月には池田の落語うぃーくに5日連続参加、5月が彩都木楽亭、と毎月落語に触れている、彩都くらしの杜の企画女子、宮本京子です。

今回で30回を迎えるということで、ロゴも入れて完全オリジナル・完全手作り法被をつくりました!その姿を参加者にも、そして演者の皆さんにも楽屋でお披露目させていただき、テンションアゲアゲで、当日はいつものようにあっという間に終わってしまいました。

第30回木楽亭の落語会
三代目菊丸さん(芸歴25年)、笑福亭由瓶さん(芸歴20年)、笑福亭乾瓶さん(芸歴3年)の3人さん。

いつもの会場とはまた違うレイアウトでより演者さんとお客さんが近かったのですが、目の前の演者さんの噺の世界に引き込まれてしまっていて空間が気にならないほど。素晴らしい話芸に圧倒された今回でした。

3人の演者さんのフリートーク。「なぜ鶴瓶さんのお弟子さんに?」という進行の菊丸さんのフリに、入門のきかっけエピソードなどはなかなか聞けないお話しに大満足。由瓶さんのお若い乾瓶さんを見守る優しい兄弟子さんの一面も見ることができた、いい会でした。


それが伝わったような、みっちり書いていただいたアンケート。これから写真とともに通信にまとめて友の会の皆さんにお送りいたします!
今しばらくお待ちくださいませ!

  


Posted by KJ WORKS at 12:18Comments(0)彩都木楽亭の落語会