2016年04月06日

夢に向けて第2歩目のお手伝い!



今年の6月からコラボ食堂は5年目に入ります。彩都くらしの杜の企画女子宮本京子です。

当初、色んな社内的な思い(「毎日、おにぎりなんてできない~!」とか「周りにご飯を食べるところがない~」など)から
できあがったコラボ食堂ですが、使って頂く方にはそんな伝えられません。
なので、「いつかはお店を持とう!という方に使って頂きたい」との想いを確かチラシに書いたような気がいたします。

そして、色んな想いや夢を持たれた、たくさんの方々が丸4年間の間にご利用いただきました。
その中でも実際にお店を持たれた方もいらっしゃいますし、既にお店をお持ちの方のお店のリフォームのお手伝いだったり、
ご自宅での料理教室でのキッチンをもっと使いやすく、というお手伝いなど色々ありました。

そして今回は、「マフィン」をもっと広げて健康的な食事を気軽にとってもらいたい、との想いを実現する為に、
3年前にコラボ食堂をご利用していただいた方より、ご実家の1室を菓子製造ができる空間にする、とのご相談をいただきました。

「マフィン」のイメージって「甘い」というイメージですが、「おかずマフィン」は調理師免許をもったスポーツインストラクターの方がご自身の体験や経験から出来上がった、健康的なマフィンなんです。
もちろん、スイーツマフィンもあるのですがこれも砂糖などを使わずバナナなどの甘みを取り入れているというもの。
コラボ食堂に来られていた当時、色々お話をさせていただきその想いに引き込まれたことが懐かしいです。

具体的にもっと「おかずマフィン」を広げるための策を考えるために、昨年5月で一旦コラボ食堂を卒業され、
今回久しぶりにご連絡をいただいた時には「第2歩目がはじまる!」と直ぐに分かりました!

2月1日にご連絡を頂いてからは話がドンドン進み、昨日、無事保健所の立会検査も終了いたしました。
昼食時に次の展開のお話しをお伺いすると、こちらがワクワクするようなことを色々考えられています。

これから第2歩目がスタートで大変ですが、きっと「想い」の強いこのマフィンはブレイクすると思います!
(だって、コラボ食堂での屋号は「マフィンブレイク」でしたもんね!)

また次のご協力ができることを楽しみにしております!  

Posted by KJ WORKS at 18:43Comments(0)コラボ食堂