2016年03月30日

cafe SAKUさん宅を訪問しました(中村)

いつもコラボカフェでお世話になっているcafe SAKUさんのお宅を訪問しました。



SAKUさんのお家では、不定期にいろいろなお教室や
イベントごとを開催されていて、去年ミモザの花の頃にあった
お茶会&作家さんの手つくり市に参加したところ、とても楽しく
今年も行こうと思っていましたが、予定が合わず残念…と思っていたら、
特別にご自宅のお庭に招待していただきました。やったー


花曇りの空の下、ミモザもきれいに咲いていました。
ムスカリやパンジーなどの小さなお花も花盛り。
ハーブや姫リンゴの木も新芽が出始めいて、お庭は春の気配でした。
住宅地ですが自然が近く静かな環境で、絶えず鶯の声が聞こえていました。まるで別世界。


そんな中、ハーブティーとお菓子をいただきました。


手作りのテーポットカバーは、ミモザの花入り。
かわいい…。


帰りには、たくさんのミモザの枝をお土産にいただき、
簡単なリースの作り方も教えていただきました。


帰ってさっそくリースづくり。
お話ししたり、お庭を見たり、お茶をいただいたり・・・。
束の間でしたけど、いつもと違うやさしい時間のおかげで、柔らかい気持ちになりました。
ありがとうございました。
来月4月9日(土)のSAKUさんのコラボカフェの日も楽しみにしています。



  

Posted by KJ WORKS at 15:57Comments(0)日々のこと

2016年03月19日

落語セットを販売してから5年目になります!

三連休の初日、なんだかゆったり気分な彩都くらしの杜の企画女子、宮本京子です!

けれども心は毎月の締切に向けての作業で結構焦っている私ですが、そんな状態だからこそ、ついつい楽しいことに考えがそれてしまいます。
というのも、一昨日の夜、メールをいただきました。
「HPで落語セットを取り扱っているのを知り、添付資料のような見台と膝隠しの製作の相談をしたい」と。

早速、納期とお見積をお送りさせていただきましたが、普段取り扱っている落語セットは、こちらのHPで、常に在庫を2~3セット準備していますので、すぐに発送できるのですが、寸法違いとなると若干費用も納期もアップする旨をお伝えさせていただきました。

これがきっかけとなり、「そういえばこれまで色々問合せや注文を受け付けたな~」と気持ちが横道にそれ、これまでの内容を整理してまとめてみると、はじまりはこの写真の状態からでした。

これは2011年の秋ごろです。
ここから、木楽亭の落語会へとつながり、落語セットも問合せがきました。北は北海道、西は九州福岡、新潟や鳥取。
個人の方から大学の落研、公共施設や民間の舞台関係まで。

日本各地にこの落語セットが嫁入りしていると思うと嬉しい限りです~!
これから落語会をご検討の担当者の方、もし悩まれましたらこちらをクリック下さいませ~!
  


Posted by KJ WORKS at 17:04Comments(0)彩都木楽亭の落語会

2016年03月16日

噺家さんとの距離が近い、メイプルホールでの落語会

昨晩は5回目の最後のお楽しみ抽選会でした。彩都くらしの杜の企画女子、宮本京子です。

というのも、彩都くらしの杜の落語会「木楽亭」が始まって5年目ですが、
その前に寄席がどんなものかを勉強するために、近くで開催されていたのが箕面メイプルホールでの落語会


しかも、2か月に一度桂吉弥さんも定期的に出演されているこの「ごにんばやしの会」は、
4月から「わかばの会」と2か月に一度ずつ交互に開催され、年度の終わりの3月が、スタンプの数で景品があたるという抽選会が行われるので普段以上に来場者が多いのです。


普段着の出演者の皆さんがチケットにスタンプを押してくれて、チラシを配ってくれます。


本日の出番の方々です。


普段より若干短めの演目が終わった後、普段着に着替えて舞台で抽選会です。
桂ひろばさんが景品を集める係だそうで、予算内で米朝事務所さんのグッズを色々見繕われてきました。

毎月の開催なので一番最初に呼ばれるのは12回スタンプを集められた方。
結構沢山いらっしゃいました。
私は5回の参加でしたので中盤に舞台にあがり、いただいたのが出演者の皆さんの色紙です!

桂吉弥さんをはじめ、先日繁昌亭奨励賞受賞の#桂米紫さん、桂ひろばさん、桂まん我さん、
桂紅雀さん、桂ちょうばさん、桂わかばさん、7名のサインです!

さあ、4月からまた毎月メイプルホールでの落語会を楽しみたいと思います。
なんてたって1500円です!
「一度、落語会参加してみたい~」というデビューの方にはもってこいです!


そして5月には、桂吉弥さんをお迎えしても、彩都くらしの杜の落語会「木楽亭」が開催されます!

ご興味のある方、お申込みはこちらまで~!  


Posted by KJ WORKS at 14:20Comments(0)

2016年03月13日

今年の彩都唄三線の会の活動はパワーアップします~!

久しぶりに、「花金(死語!)」の週末に都会に繰り出した、彩都くらしの杜の企画女子宮本京子です。
というのも、彩都唄三線の会メンバー念願の清村斉さんの三線ライブが京橋のお店であったので皆で行ってきたのです。

清村さんは、三線をされている住まい手さんに紹介いただいた、三線工房きよむらで三線を製作されているだけでなく、積極的に色んなところで三線ライブをされている方です。

2年ほど前社内旅行で石垣島で三線体験をしたことがきかっけに、三線をやってみたくて色々ウェブで体験教室を検索したり、ウェブで注文しようか等々色々考えていたその時、くらしの杜にご来館くださった住まい手さんに相談すると、大阪で工房されている清村さんをご紹介下さいました。

でもなかなか腰が上がらずじまいだったのですが、住まい手さんがお貸しくださった三線に触れる度に、緊張感してビクビクしながら触っていたのでなかなか進歩せず~。

で、正月休みの最終日、思い切って清水の舞台から飛び降りる気持ちで、大阪市内の工房へ。
でも工房の前にくるとなんとシャッターがしまっているではないですか!
「思い切ってここまでやってきたからにはなんとかしよう」
一旦、少し離れたところに行って電話すると工房を開けてくださると!
そこには色んな三線に関するものが置いてあり、色々希望を聞いてくれて10日後私の三線が到着しました。

そんなきっかけで知り合いとなったので、彩都唄三線のメンバーにもメンテナンスが必要なときやまだこれから購入される方には紹介をしている清村さん。一度皆でライブ行きたいね~と言ってから月日が流れ、新しいメンバーも加わった今回、大所帯でライブに行ってきました。

目の前の舞台では三線だけでなく、琉笛や太鼓も入り迫力あるステージです。

ステージとステージの間にはテーブルに来てくださった清村さんに「新・安里屋ユンタ」をリクエスト。「三線の花」や「海の声」もあったり、アメージンググレイスを三線の民謡にしたバージョンもあり、宮古島の民謡の間に初心者の私たちにも分かりやすいステージで最後は踊ったりもして面白かった~!

ステージ後にもテーブルに来てくださった清村さんに、彩都に来てもらう企画までの話が進みました。
なんか今年の彩都唄三線の活動がすごいことになりそう~さあ、どんな企画になるのか楽しみです!

次回の彩都唄三線の会の練習日は、3月16日(水)午後6時過ぎからです。なんと、今回は沖縄出身の学生さんがご参加されるとか!お待ちしております~!  


Posted by KJ WORKS at 11:55Comments(0)三線自主練習の会